読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんぺ通信

ゆーほといいます。絵とか音楽。 連絡先 Line: http://line.me/ti/p/%40baj9588f Twitter: @onakaitaibot Mail: ponpebot@gmail.com Skype:unidentified4.5

ゆーほのプロフィール

自己紹介

改めてちゃんとプロフィール作って、ここをプロフページにしたいと思います。随時記事更新するかと思います。

 

はじめまして。ゆーほと申します。改めて自己紹介。アイコンはゆーほ本人です。(顔見えたほうがいいかなとおもって) 

基本プロフィール

・1991年12月16日生まれ 男

・神奈川県川崎市麻生区在住

長野県出身

イラストレーター、フリーター

・連絡先(LINEが楽)

LINE: http://line.me/ti/p/%40baj9588f

Twitter: @onakaitaibot
Mail: ponpebot@gmail.com
Skype:unidentified4.5 (あんまログインしない)

 

善意の循環によって相互に自然に助け合える生き方を模索してます。 

私と何かしたいという方は是非お気軽にご連絡ください!!

あなたのお話聞かせてください。やりたいと思ったことならなんでもやります!

 

そして最後に重要なこと書いてあるので、最後だけは読んでほしいです。

 

それでは以下私にできそうなことや得意なこと、好きなこと。

 

得意なこと

・イラスト

pixiv→「ゆーほ」のプロフィール [pixiv]

tumblrPONPONPAIN

LINEスタンプ→Girl with Guitar and Stomp box and Rock - LINE Creators' Stickers

Tシャツ→http://www.ttrinity.jp/shop/onakaitaibot/

・楽器演奏(ギター歴6年ベース歴5年ドラム歴16年)

DTM(楽曲作成、カラオケ音源作り)

soundcloudufo1996 | Free Listening on SoundCloud

 

詳しい話題・ジャンル、好きなもの

・音楽(バンド)

新旧洋楽邦楽メジャーインディー問わずいろいろ聞きます。詳しい自信ありです。

90年代オルタナ、グランジ、サイケ、プログレシューゲイザー、インダストリアル、ニューメタル、デスコア、ガレージ、ガレージリバイバル、アシッドハウスアンビエントエレクトロニカ、ニューレイヴ、ポストパンク、ドゥームメタル、クラウトロック、ノイズ系、ハードコア、ポストロック、ハードロック、テクノポップブリットポップなどなど(書ききれない)

・酒

特にビール、ワイン、日本酒詳しいです。アルコールにはめちゃ弱いので全然飲めないけどお酒好きです。

・漫画、アニメ

2009年あたりからアニメは見るようになりました。シリーズものだったらガンダム宇宙世紀おジャ魔女どれみエヴァあたりがどっぷり見てました。特筆して好きな作品は上記以外だとけいおん、キルラキル、グレンラガン輪るピングドラムユリ熊嵐ヤマノススメまどかマギカフリクリとか・・・

漫画はNARUTOとかシャーマンキングの頃のジャンプ作品はだいたい好きです。あとはねじまきカギュー、日々ロック、苺ましまろTAGRO先生、ふみふみこ先生、西村ツチカ先生とか。

・ゲーム

そんなにやんないけど、ゲームキューブは結構やったかな。あと好きなのはメタルギアシリーズとかゼルダとかサイレントヒルとか

乃木坂46

アイドルとかはまったことなかったんだけど、どっぷりつかってしまった。まいまいが好き。(卒業するけど)

遊戯王

最近の環境そんなに知らないけど、やろうよ。アニメ、漫画は初代しか見てない。

・古着

詳しくないし最近そもそも服買ってないけど、昔は毎日古着屋さん行ってた。

 

勉強中、これからやりたいこと

・HTML、CSS

adobe illustrator

・漫画を描く

・音楽アルバムを作る

 

最初の記事と同じ内容になりますが、僕が出来ること、やってもいいなと思ったことならなんでもします。

僕に興味がある人、僕を必要としてくれる人が僕にして欲しいことを僕がやります。

なので、出来れば「ゆーほに是非これをやって欲しい」ということをお願いします。

例えば、

 

人生相談を聞いてほしい

絵を書いてほしい

ギターを教えて欲しい

どこかで演奏してほしい

一緒にラーメンを食べたい

こんなグッズをつくってほしい

一緒に遊びに行って欲しい

服を選んで欲しい

絵を添削してほしい

家に泊めてほしい

 

とか。ぱっと思いついたのはそのくらいです。

そして、もし良かったらなんだけど、その代わりに何かください。

お金でもいいし、ご飯を奢ってくれてもいいし、なにかをプレゼントしてくれてもいいし、お礼を言ってくれるだけでもいいです。

何もくれなくても結構です。

おまかせします。

僕が欲しいもの、もらったら嬉しいもののリストなんかも作ろうかと思うので、良かったら参考にしてください。

とりあえず僕に対してこれをしてあげたい!と思ったことをしてくれるだけでいいです。

何も思わなかったらなにもしなくていいです。あたりまえか。

とにかくとか借りとかいうものから離れた、無償の善意で関係を築いてみたい。そう思ってます。

よろしくお願いします~~。

お友達のはなし。

人と会ったり話したり

風邪をひいてしまって投稿がおそくなってしまいました・・・ゆーほです。

ブログを公開してから10日ほどなんですが、既に1000人以上の方がアクセスしてくださってます!(この記事書き始めた時点の話)

 
ブログ初めてだからスゴイのかはよくわかんないけど、とにかくとても有難いです。
 
反響もすこしあったりして、Twitterでリプ下さる方がいたりとか、何人かline登録してくれたりとか、そこで会話してイラストをプレゼントしてみたりとかしました。
 
私もこんなことありましたー!とか、お話してくれる人も何人かいて、凄く嬉しかった!!
 
もっとみんなの人生僕に教えてくれ!!!
 
僕のLINEで突然人生語ってくれ!!!たのむ!!!!(これね↓)

Line: http://line.me/ti/p/%40baj9588f

 
そんな中で、ある絵描き友達が、LINEで同じように、「ゆーほくんのブログみて話したくなった!」的な感じで色々がっつりお話してくれた。
 
というか僕が色々ききだしてしまった!
 
 

絵描き友達Aちゃん

AちゃんはTwitterかpixivで去年か一昨年くらいに知って、コミティアで会ったりして、仲良くして頂いてる方。
 
Aちゃんは漫画やイラストでいくつも仕事をやってます。
彼女のイラストを色んなとこで見かけると、僕も頑張ろう・・・・・!!ってモチベーションになります。
 
Aちゃんの今のところの印象は、会うといつもとっても目がキラキラしていて、こう、近くにいるとウキウキ感が常に伝わってくるような素敵な人で、だけどとても親しみやすくて、本当に純粋で嫌味がまったく無い人!という感じ。
 
でもそんなにゆっくりお話する機会とかはあまり無くて、今回LINEで色々お話聴いて、とてもとても衝撃で、刺激的でした。
 

 学校に行ったことがない

彼女は、ご両親の教育方針で学校に行ったことがないというのです。
 「幼稚園から大学まで、1回も行ったことがない。」「字は漫画で覚えた!」とのこと。
詳しく聞き出してしまっていいものか迷ったけど、きいてみたら「いいよ~!」と言ってくれたので無礼は承知で色々聞いてみた。
 
突然だったのでどこから聞いていいかわからなかったけど、とりあえず、「学校に行ってみたいと思ったことはなかった?」と聞いてみた。
 
 
んー!普通に生活してるのが楽しかったから全く頭になかった・・・」
 
「学校に行ってる人から見たら普通じゃないんだろうけどね!自分にとっては普通の生活!笑」
 
「家で兄弟と遊んだり、絵を描いたり、ほかの学校言ってない友達と遊んだりしてたな」
 
 
 
す、すごい・・・・・
 
少し軽率だったかもしれないけど、僕の主観は純粋にいいなぁ、と思ってしまった。
僕みたいに「学校教育」というものの中でずっと消耗してきた人間から見て、それはそれはものすごい自由に感じてしまった。
 
ただAちゃんにももちろん他にたくさん辛いことや、悩んだこともあったかもしれない。
 
ひとの人生はわからないので、他人がその人生についてとやかく言う筋合いはないし、幸せも自分で決めるものだけど、いいなぁ、と思ってしまった(2回目)。
 
そしてその気持ちを軽率にも言葉にしてしまったけれど、彼女は濁りのない感じで返してくれた。
 
 
 
「うん、私もめっちゃ良い育て方されたと思ってる・・・・・!」
 
 
 
うわーっ!!後光がさしておる!!!!
 
 
ご両親と仲良しなのは知ってたけど、本当に素敵な関係なんだろうな、と感じた。
そしてすごいご両親なんだな、と思った。
ぜひいつかお話してみたい・・・・・!!
 
 
 

 教育ってもっと自由でいいきがする

ゆーほ(以下ゆ)「学校教育を否定するわけじゃないんだけど、教育ってもっと自由でいいと思うよね。向いてない人もいると思う(自分)」
 
Aちゃん(以下A)「いつも同じ時間に同じ人たち、しかも同年代で固めるって言うのはあまりやっちゃいけないんじゃないかと思う」
 
A「そこが全てだと思ったら勿体ないよね」
 
A「育ち盛りな歳って体もそうだけど精神的にも成長するとても大事な時期だから、もっと年上の人とかとも話したりした方が良いよね、叱ってくれたりするし」
 
そうだよね!!
 
 
ゆ「うあーー、Aさんと知り合えて本当によかったなぁ、、」
 
A「わたしもゆーほ君と会えたの嬉しい!マイフレンズ!」
 
 (うれしい)
 
 
 

意外と義務教育受けてない人っているかも

ゆ「あるブログ読んでてそういう人が出てきたことはあったんだけど、こんな身近にいたとは・・・・・!」
 
A「意外とおおいかもね!?」
 
ゆ「そうなの!?」
 
A「友達にはいるけどね…!でも大体びっくりされるね!」
 
ゆ「そうなのか」
 
A「この話したりすると、奇異な目っていうか、『大丈夫なの…?』って反応をたまにされるけど、失礼しちゃうわ〜!大丈夫だわよ!って思っちゃう!」
 
ゆ「たぶん普通の学校教育受けて来た人だとそう思っちゃう人がいるのも無理ないかもね・・・・・」
 
A「そうかぁ… 」
 
ゆ「みんな価値観がせまい!」
 
A「狭いよね!こういうのもありなんだよっていうのに気づかないとね」
 
ゆ「たぶんしっかり教育うけて、勉強してきた人ってその努力してきた事についてプライドを持ってるから、それがない人をどこかで下に見ちゃってる人がいるよね」
 
A「やっぱり『あ、今これバカにされてるなぁ〜』っていうのもたまにあるもんね」
 
ゆ「ひどいなー、むしろそういう人たちこそ思考停止してレールの上歩いてきただけだろうに」
 
A「ゆーほ君気が合う~!」
 
 
 
 

長いものにまかれてないと不安なひと

A「結構、頑張る人を馬鹿にしたりする人いるよね」

ゆ「そういうのいつまで経ってもやってる人いるから、ほんとに嫌になるよね」
 
A「そのまま大人になっちゃった人ね…」
A「年齢だけ進んじゃった人」

ゆ「それも価値観が狭いから、幸せって言うものを他人と比べることでしか味わえない人だよね」

A「そうそう、少しでも上に立ちたがるようなね」

ゆ「まわりと同じなら勝ち組、まわりと違うやつは負け組みたいな」

A「うわーお前〇〇持ってないの!だっせ〜!みたいなね」

ゆ「そうそう!持ち家とか結婚とか就職とか、それの延長だし」
 
A「大きな流れの中に混ざり込んでないと不安な人だね!」
A「これがポピュラーだから、って」

ゆ「そうそう」

A「結局は心が弱い人だよね」
 
ゆ「そうだよね」
 
 

まとめ

ほかにもいろいろしゃべったんですが、とりあえずこんなところで。とっても刺激的だったので、記事にしていいか聞いたところ、快諾してくれました。
 
以下、僕が思ったことです。
  • こんなに自由で素敵な人と友達になれてよかった。
  • いままで大学進学とか、いろんなやりたくないことでなやんできたけど、本当に小さい世界で悩んできたんだな、ということ。
  • 義務教育って本当に誰しもが必要なものなんでしょうか・・・
  • やっぱり、常識とか教育や環境の中で教えられてきたいろんなものに縛られて、視野が狭まってしまってる人って結構いる(ブーメラン)
  • とにかく学校教育否定したいマンな自分。(両親教師なのに)
  • 自分が想像できないようないろんな人生を生きている人がたくさんいて(しかも日本に!身近に!)とっても刺激になるからもっとみんな教えろ

 

自由のにおいがする人は素敵です。元気になれる。

僕はまだすこし生きづらいけど、僕を生きづらくしてるのは本当は自分の価値観や固定観念なんだろうな。

僕はちょっと頭の容量が小さいので、Aちゃんの衝撃を自分の思考の中でとらえきれていないけど、とりあえずこんな感じでした。

Aちゃんと遊んだりご飯いったりしてまたまったり語りたいですな。

 

 

僕はもっともっと、いろんな人と出会って、ふれあって、体験したいです。

そして、同じように考えられる人や、同じようにつらい思いをした人たちの居場所をつくれたらいいな。居場所になれたらいいな。とおもっています。

 

僕とお話ししたいという方、会ってみたいという方、何か相談したいという方、ぜひお気軽にご連絡ください!

 

 

ponpebot.hatenablog.com

 

メンヘラがちょっと生きやすくなった話

自己紹介

ブログ更新2日さぼっちゃってすみません。いやサボってたわけではない!

ゆーほです。

毎日更新は難しいかもしれないけど、できるだけたくさん更新したいと思ってます!!

じゃあ今日の記事を書いていくので、読んでくださる方は良かったらこれでも聞きながら読んでください~(音量注意

www.youtube.com

 

 

生きづらさについて

僕は環境の中で、自分の意思というものを封じ込めてきました。

ずっと教師にならないといけない、と思っていたし、それが無理ならちゃんとした企業に就職しなきゃいけない、とおもってました。

今まで書いてきたように、そうした性格・考え方のせいでいろんなことで挫折して、何回も精神的にボロボロになりました。
 

原因

いじめ時代と自尊心の欠落

それは周りの目ばかり気にして、自分がどうしたいかよりも、周りが自分にどうしてほしいか、ということばかり考えてしまったこと、そして自尊心のなさが原因でした。

 

以前書いたように、小さい頃の環境によって、周りの顔色を窺うことで自分を守る、というやり方が染み付いていました。
「私は無害です、あなたよりもずっと下の人間です」ということをアピールすることで、攻撃から身を守ろうとしました。
その結果、自分の価値を自分でどこまでも下げてしまったんだと思います。
た、たぶん。 
やっぱり5年間晒された攻撃される環境によって形成された性格の歪みはそう簡単になおらないし、歪んでいる、という事にさえ気付かないほどでした。
 
 

自尊心を一部の他人に依存する

恋愛で依存できる関係を求めてしまうのも、誰に対しても気を許せなかったからだと思います。恋人が出来るといつもベタベタで、中学や高校の頃はメールの返信が少し遅いだけで何回も催促してしまう感じでした。メンヘラ~~~
恥ずかしいから思い出したくない!!
 
そして、欠落した自尊心の代わりに、周りからの評価や信頼されるという事だけが自分が生きている価値で、自分の中身でした。
周りの顔色を窺って失った自尊心を、周りの顔色を窺って、また埋めるということになってました。
 
そして、その自尊心は主に信頼できる少数の人間によって補われていました。
 
だから、彼女がすこし倦怠期に入っただけで死にそうになるほど落ちてしまったのは、もっとも依存していた自尊心(の代わり)が失われそうになったからです。
 
 
わかりづらいのでまとめるとつまりこういうことです。
 
 
周りに攻撃される
周りに媚びて無害アピール、周りに従順になる
自分の地位が下がる
攻撃してくる人間がほとんどの中、こんなクズな自分の味方でいてくれる人、自分を頼ってくれる人、好きでいてくれる人が自分の生きる価値(自尊心)になっていく
恋人がもっとも自分に近い人=自分が存在する一番の価値(自尊心)
 
 
たぶんこれでさらに相手が僕を何とかしてあげなきゃってなると、共依存みたいな感じですかね。
 

他人に依存した自尊心が消えると自分を大切にしなくなる

他人から見放される度に、自尊心が削られていく。自分の価値がなくなっていく。その自尊心のもっともおおきな株を持っていたのが彼女であって、それが失われそうになるという事は、自分を根底からゆるがしてしまう出来事です。
 
実際、昔の彼女と別れるときも、異常な程に不安定になり、異常な程に荒れてしまっていました。
最初の彼女と別れた時も、「生きている意味がない」と何回も思ってかなり荒れたのを覚えているんだけど、それも自尊心の株をその時はその彼女が持っていたからでした。
 
 
こんな状態だと、大切な人が離れそうになると自分に価値がなくなって、自分を大切にしなくなる。
そうなると、ストレスと破壊衝動と自己嫌悪が入り交じって、自分を攻撃してしまう。
 
自分を攻撃すればその間は無価値な自分が少し許されるような感覚になりました。
 
 
でも、そうなると止まらなくなってしまう。
 
こうした悪循環から抜け出すには、少しずつでも、自分の中に自尊心を取り戻すしかありませんでした。
 
 

抜け出す過程

1.周りに従うことは責任を周りに投げることだと気づく

僕は、ダメになったとき、まず社会や環境のせいにしてました。 

なんで自分がこんなに生きづらくならなきゃいけないのか。まわりの何も考えずに適当にやってる奴らの方が上手くいってるのが許せない。生まれた環境が悪い。あんなにいじめにあって辛かったんだから、もうあとは楽になってもいいじゃん。自分は運が悪い。しょうがない。もう無理~!
 
顔色を伺って、周りの言う通りに何も考えずに生きてきたということは、自分の行動・人生の責任も他人に投げてしまうことです。
 
でも誰かのせいにしても、だれも自分の責任は取ってくれないってことに気づいて、変わろうと思いました。
 
誰に対してかわからないけど、「かわいそうなら、不幸なら赦してもらえる。自分はこんなにつらくて大変なんだからいいじゃないか」と思ってずっとぬるい不幸に入り浸って、誰かのせいにしてなんとか過ごしてきたんだけど、それだけじゃ何も変わらないし、限界が来ていました。自分の人生は自分でしか変えられないし、いくら不幸でかわいそうでも自分の行動や人生は誰も責任は取ってくれないんです(二回目)。
 

2.あがいてみる

それに気づいたのが4年の後期、学校に行けなくなった時で、その時はどうしようもなくなって、カウンセリングとか、何でもいいからすぐにこの状態をなんとかしてくれるような何かを探していました。
 
わかったのはいいけど、具体的にどうすればいいかわからなかったので。
 
精神科とかも問い合わせたけど繋がらなかったり、予約が数ヶ月先だったりしたし、病気とまでは思いたくなかったのもあって、結局予約せずでした。
 
そこで行き着いたのが、このブログでした。
 
このブログにかいてあるの自分の事みたいだ!!と思って、一気に記事を読みました。
 
紹介してる本なんかも、中古で買ったりして少しずつ読みました。
 
そんなこんなしてるうちに、やっと自分は自分が思ったように生きていいんだー、って少しずつ思えるようになりました。
 
 
それでも、やっぱり自尊心がない=自信が無いうちは、自分の意志で責任をもって行動する、ということが怖かった。
もう誰のせいにもできない(もともと誰のせいにもできないんだけど)となると、自信の無い自分には、まだ自分の意志で行動する責任を持つところまで行けませんでした。
 
そして、彼女と距離を置いた時、ボロボロになって、色々必死にまた調べた結果、ここでやっと自分が自尊心を他人に依存している、という上記のような事が原因だと気づきました。
 

3.自尊心を育てる

他人への依存をやめるには、自分の中に少しずつでも自尊心を育て上げるしかありませんでした。
 
でもそれはそんなにたいそうに何かやる、というわけじゃなく、簡単に、自分に優しくしてあげる、という事でした。
 
自分に優しくする、ということは、自分を甘やかす、ということではなくて、長期的に見て、自分のためになることをする、ということです。
 
ほんとに些細なことで、例えば夜更かしをしない、とか、ご飯をちゃんと食べる、とか、嫌なことはちゃんと断る、とかそんなことです。
 
そうした些細なことで自分に自信をつけていくことから始めました。
 

4.周りを頼れるようにする

そしてもう一つ、他人に迷惑をかけるということ、他人に頼れるようになるということです。
 
小学生のころ頼れる人、頼れる場所がなかった僕は、他人に迷惑をかけずに自分の中に溜め込むことでしか、身の安全を確保出来ませんでした。
 
そして長いあいだ、他人に迷惑をかける=他人からの報復、攻撃が来ると思い込んでしまっていました。
その結果、だんだんガタがきてしまい、身動きが取れなくなってしまいました。
 
ですが、どんな状況でも自分を好きでいてくれてるひとはいて、親しい人であればむしろ頼られるのがうれしい場合だってあります。
逆に頼らずにいつまでもため込んで爆発するほうがよっぽど迷惑だったりします。
 
今までは少数にだけ大きく依存していたため、自尊心の居場所があまりにリスキーな状態でしたが、いろんな人を少しずつ信頼して、頼ることが自分には必要だと思いました。
一人を100%信頼して頼るんじゃなくてみんなを数パーセント信頼して頼る。
 そうすると攻撃してくる人や離れていく人も多少増えるかもしれないけど、心強い味方になってくれるも人もその分増える。
 

まとまんないけど

そんな感じで今も途中ですが、自尊心を育てて、自分で考えて、自分で行動することを心掛けてます。

別に常識や世間体や両親や周りの言うことをちゃんときいて、ちゃんと生きていけるならそれでいいし、それでちゃんと生きていけるならそれは本当にすごいことなんです。

 

大学なんてクソだし、何も考えずに就職するのもクソだ!って思っちゃうんですけど、大学ちゃんと卒業した人は本当にすごいし、ちゃんと就職してる人ももっとすごいです。

 

ただ、みんながみんなそうする必要は絶対になくて、自分にあった生き方を選んだり、自分で模索してもいいと思うんです。

 

ついついお互い批判したりしちゃいますけど、どっちもどっちで、結局生きてくのは大変なんだから、お互い尊重していけたらな、と思います(漠然と)。

 

でも合わない人と無理に一緒に仲良くする必要はないし、できるだけ多くの時間好きな人と楽しく過ごせたら素敵だと思います。

 

いろいろエラそうに書きましたけど、僕は大した人間じゃないし、書いた不幸なんてどこにでもある話だし、バカでクズです。

でもなんと言われようと自分が思ったように、楽しく生きてきます。

そして、僕と同じように、今の環境が生きづらいとおもっている人、つらい人の助けになったらなと思います。

好きで書いてるのでならなくてもいいんですけど。

 

まだまだわかんないこともいっぱいあるし、人生模索しながらやってますけど、これからも良かったら読んでください。

そしてもしよかったら、ぜひ感想でも質問でも要望でも、僕に対してアクションを起こしてみてください。

僕とお話ししてみたいという方、ぜひ連絡ください! 

 line→ LINE Add Friend QR code

なんか楽しいことしましょう!!

ゆーほの生い立ち~大学編part2~

生い立ち
おそくなりました、ゆーほです。
 
本日卒業発表がありまして、無事大学卒業できました!!!!!!!!
 
これから書く内容にも関係してきますが、本当に本当に、卒業できたのは奇跡で、周りの人達が支えてくれたおかげ100%です・・・・・
 
両親はもちろん、友達、恋人、先生のおかげです。
ほんとに無理でした。
 
 
続き書いてきますね。
 

しゅーかつと卒業論文

では、前回の続きなんですが、軽く話して行きたいと思います。
なんか仰々しくかいてしまうかもしれないけど大した話じゃないです。
その後就活なんかがあって、鬱々としながらやってました。
たくさん受けたわけじゃないです。
周りの人みたいにうまいこと出来ませんでした。
 
そのまま、後期に入る前くらいに、鬱みたいな感じになって、毎日死にたくて、昔みたいに自殺の事ばっかり考えてました。
 
普通の人が当たり前にやってる事が自分には出来ない、普通じゃない、クズだ、自分には何の価値もない!でした。
 
学校に行けなくなりました。
 
授業に興味もてなかったし、よく学校めんどうで起きれなくて、真面目に単位を取ってる方ではなかったんですが、それでもあと少し頑張れば卒業できるくらいに4年後期にはなってました。
 
なにより嫌だったのはゼミの研究、卒業論文だったかもしれません。
興味をもてないことに対して突き詰めて欧米文献を訳して、何10冊も本を読んで書き上げることが出来ませんでした。
 
そんな感じで研究や就活の事で周りとのギャップになやんで、サークルも嫌になって、学校に行けなくなりました。
 
 
学校を辞めようと思いました。
でも両親は大金を払ってここまでしてくれて、どうしても辞める、とは言えませんでした。
本当は、学校を辞めて、とにかくバイトでも何でもいいから1人で生きたかった。
親や周りの期待から開放されて、自由になりたかったんです。だから、仕送りをどこまでも減らしてもらって、貧乏でも、できるだけ自分の力だけで生活していました。
 
とにかく、辞めたいという話はしたんですが、結局話し合って留年になりました。
 
 
 
ボロボロのまま5年生になり、5年の前期も授業には出れませんでした。
先生が本当に優しかったおかげでゼミには顔だけでも出しに行けました。
精神科いったりもしました。
なんかやだったので1回いってそれ以降行かなくなりました。
 
 

彼女が離れそうになる

そんな中で、彼女は社会人になって、いろんな新しいコミュニティで遊んでました。
わりとホワイトな会社に入ったので・・・・・。
そして、なんか距離を感じるようになりました。
それは、僕の勘違いとかではなくて、色々聞いたら、「気になる人ができた」との事でした。
 
ぼくはこの頃には仕送りを無しにしてもらって、バイトだけで生活してたので、いままで以上に金がなくて、あまり恋人と遊びに行ったり出来ませんでした。
 
ほかの人とたくさん遊んでて、目移りしてしまったのかもしれないです。
彼女が恋愛経験が少なかったのもあると思います。
 
でも僕が悪い部分もかなり大きいと思います。
 
「気になる人ができた」と書きましたが、僕の事が好きなのかよく分からなくなった、とも言ってました。
 でも浮気はしてないです!!ただバンド組んでる人が気になっただけで、なにもしてないです!!(誤解のないように) 
 
 
いままで今の彼女とそういうことが無かったので、ほんとに乱れました。
(ずっと喧嘩とかなくて、仲良しでした。今もだけど!!!)
 
その時に、危ないこととかしてしまって、辛くて辛くて、なんとかならないかと思って色々調べました。
 
なんかその前にネットの診断とかやるとどのサイトでも重度の鬱って出てたんですけど、なんかそんなの宛になんないし、この時は具体的なおおきな症状?止まらなくなっていたので、それについて検索して調べました。
 
診断をはっきり受けたわけじゃないので、そうかどうかはわからないし、どうでもいいんですが、症状は境界性人格障害っていうのに近いものでした。
 
いちいち全部かくのも長くなるし、どこに書いてあることもだいたい当てはまっていたので、境界性人格障害のような感じ、と言っておきます。
 
その病気かどうかとかはどうでも良くて、ただそういう症状でつらかった、という話です。
 
 
 
彼女とは結局、2人で話し合って少し距離を置いて、少ししてから会うことで全く元通りになりました。
 

その後

結果だけかきますが、症状がわかれば、対処法もわかると思って、たくさん調べて、色々やってみました。
そこから少しずつ自尊心を取り戻して、普通に生活できるくらいになりました。
(ここらへんまた後日詳しくかくかもしれません)
結果、後期からはなんとか授業もでて、卒業論文もやりきりました。(ほんとに奇跡)
 
 
 
そして、本当に不安でしたが、卒業できたみたいです。
さっきは一見悪いように書いてしまいましたが、ボロボロだった僕を一番そばで支えてくれてて、優しくしてくれたのは彼女だったので、本当に感謝してます。
離れそうになったときも、彼女自身たくさん悩んで、大変だったんです。
そんな状況でも僕に対してとても誠実に接してくれたので、すぐに元通りになることができました。
とにかく性格も合うし本当に誠実で、優しくていい子なんです!!いえーいぴーすぴーす
 

就職や価値観の変化については次回あたりに

この年は、とにかく卒業さえすれば自由だとおもって、卒業することだけに集中して、就活はやりませんでした。
みんなにしたら簡単かもしれないんですが、ほんとに無理でした。
そういう風にしたのにも関わらず、本当にぎりぎりでの卒業でした。ほんとうに周りの支えがあって、卒業することに集中したから卒業できました。
 
 
一応卒業論文提出後、すこしだけ就職活動したんですが、自分がどうしたいのかしっかり考えた結果、あまり正社員になりたいと思えませんでした。
そこらへんはまた少し時間をさかのぼりつつ、次回がっつり書きたいと思います。
 
とにかく自由になりたいんです。
自分に正直になりたいんです。
 
いまはだいぶ変わりました。そしてどんどん良くなって、いままでにないくらい自分の意志で行動しています。
ただやっぱり新しいことに踏み出すのは勇気が必要だし、たくさん不安になって、迷います。
でもただどんどん踏み出して経験していかないと弱いままなので、不安定ながらも頑張ってます!!!
いつかもっともっと強くなって、やりたいこと全部やって、ドヤ顔したいです。
 
うがー、なんか今回ぐだぐだになってしまってすみません。
うまくまとめられませんでした・・・!!
 
次回はもう生い立ちというか、今の価値観についてになるかも。
ぐだぐだな文章ここまで読んでくださってありがとうございました!!

ゆーほの生い立ち~大学編~

生い立ち

ミスった、、投稿すこし遅くなってしまいました。すみません。

 

疲れすぎて電気つけっぱなしでよく寝ちゃう、ゆーほですー。

そういう日はよく寝れます。

 
特に意味は無いけど聴きながら書いてるのでよかったら聴きながら読んで下さい。大好きなバンドです。
大学編です。
 

大学入学

しっかり挫折を味わっての入学でしたが、すぐに新しい生活にわくわくしてました。
 
地震の影響で新学期は少し遅めに始まることになってて、それまではマウスとペイントで何時間もかけてイラスト描いたり、アニメを借りてきて見てたりしてました。
たのしかったー!
 
学校がはじまると、真っ先にバンドサークルを探しました。
僕の大学はバンドサークルが6つ?7つ?くらいあって、新歓の時にたくさんまわりました。
 
でもすぐにほぼ男子しかいない、僕が気の合いそうなサークルを見つけて、つぎの日からは打ち解けすぎて一緒に新歓を手伝ってました。
 
選んだサークルは少人数で、なんかみんな過去に闇を抱えてそうな、、なんというか僕みたいな人がたくさんいる感じを受けました。
 
下ネタをひたすら言いながらひたすらコピバンをして、1、2年の間は本当に楽しかったです。
僕は多い時は1回のライブで20~30曲くらいやりました。
 
2年の学祭のときに、僕はサークル代表になりました。
 
周りの人達が支えてくれて、うまいことやれたと思います。
 
 

恋愛

恥ずかしいからかきたくないけど書かないと嘘になるから書きます・・・・・。
 
二年生のはじめころ、高校の頃の女友達が何人かで女子会してて、僕の話題になったらしく、「ゆーほーがいつまでもドーテーだから女の子紹介してやるよ!!」って酔ったテンションで電話してきて、看護学校に通ってる三つ上の人を紹介してもらいました。
 
 
結果からいうと付き合いました。
 
かなり大切にしました。
 
一年半後フラれました!
 
 
 
なんか相手はとても好きでいてくれて、結構距離あったのに向こうはルームシェアってことで、家に毎日来てくれました。
 
というか半同棲みたいな感じでした。
 
でも僕はやっぱりサークルとかも楽しかったし、1人で絵も描きたかった。
でも毎日遠くから来てくれる人をほっといて絵を描くわけにもいかないし、実際描いてると嫌な顔をしてました。(そういう訳で2012年はあんまし絵がかけなかった・・・・・。)
 
 
友達にご飯をさそわれても家で彼女がご飯を作ってくれるし、せっかく来てくれてるから帰らないと相手は来た意味無いので、断ってました・・・・・付き合い悪いキャラになりました。
 
 
 
 
 
 
いや、う~ん・・・なんとなく言いたいことわかります・・・・?
 
 
 
 
 
 
もう少し会う時間を減らしたいって1回言ってしまったんですが、なんか私のこと好きじゃないんだね、的な感じで喧嘩になりました。
 
喧嘩っていうか一方的に怒られただけですけど。
 
そりゃ恋愛観は人によると思うんですけど、やっぱり付き合ったらすり合わせていかなきゃいけないわけで。
 
 
お金の問題とかも、僕はとにかく仕送りを減らしてもらったりしてて、大体バイト代含め月10万前後で暮らしてたんですが(家賃光熱費ネット代諸々込み)、デートに行けるお金がなくて、それも喧嘩になりました。(怒られた)
 
普通彼氏なら連れてってくれるのに、みたいな。
 
これでも頑張って相手の要望にあわせて旅行いったり、高級料理店につきあったり、そのために毎日納豆ごはんとかうどんで切り詰めたりしてたんですが・・・・・
 
結果的には「あなたは私のことを好きじゃないし無関心」といわれてふられました。
ほんとにすきだったのでめちゃめちゃ泣いたし、食い下がったんですが。
 
でも今ならはっきり言える。
 
 
 
(もっと早く別れとけばよかった!!!)
 
 
 
なんていうか住んでる世界が違い過ぎました。
 
 
結婚願望も強い人だったし、なんかとにかく色々意識が高くて、まだ2年生なのに就活しろ就活しろ言われたりとか・・・・・
 
5000円のフカヒレ食いに行ったりとか・・・・・
 
いちご狩りはそれなりに楽しかった。
 
すごく真面目で自分に厳しくて、将来の事も考えててとても素晴らしい人だったと思います!
尊敬もしてます!
でも僕とは合いませんでした!
あと今考えると苦手です(見てたらごめんなさい!)
 
理想の人見つけて幸せになっててほしいですね。なってるかもしらんが。
 
 

 

そして、そのあとすぐにサークルで同学年の彼女が出来て、今も付き合ってます。(三年生の頃には女子比率も上がって、サークルで交際してる人も何人かいた)
 
そこら辺の経緯やそれ以降も書きたいんですけど、ほんと是非とも書きたいんですけど、ちょっと悩んでました。
 
これ以降サークルでは本当に嫌なことしかなくて、もうとにかく辛かったです。
付き合ったことは直接的なきっかけにはなりましたが、問題の本質は全く別の所にありました。
 
この事は書こうかとても迷ったんですが、たくさん考えた結果やめました。
 
僕は後ろめたいことは特にないので書いてもいいなら書きたいんですが、何も知らない関係者が色々知って傷ついたりしそうなので、やめときます。
 
ぼくはもう関わりたくないです。
一生関わらないでください。
 
書いていいっていうなら喜んで書きます。
 
 
 
ちなみに彼女とは最初から今まで喧嘩もほとんどなく関係はずっと良好です。今も仲良しです。
 

 

特に関係ないけど今思うこと

みんなみんな、人生の中で奪われたり、失ったり、受け取れなかったりして足りないものを補おうとして、自分を守る為に歪んでしまうなーとよく思います。
それでも、周りと同じように、仲間はずれにならないように努力する。
それが生きづらさになる。
 
でも周りと同じようにする必要なんてどこにも無い。
学校や家で「迷惑をかけるな、周りに合わせろ」っていうことを直接、もしくは間接的に教わってきたけれど。
 
でも望まれていようが望まれてなかろうが、あなたが生まれてきたことがすごいことだし、生まれてきたんだから生きてていいし、生きてるだけで充分だとおもいます。
 
生きてればなんとでもなるし。
いろんな人が言ってることだけど、生きてるってこと以外はオプションであって、絶対必要、なんてものはない気がする。
 
みんな周りを見て、これが足りない、あれが足りないって思うけど、それはファッションであって、本当に必要なものではないはずです。
 
 
 
う~ん、最近のことのせいか書く事がたくさんあって終わらなそうです。
 
次回は大学編part2です。割と最近の内容になってきます。僕がさらにダメになってく過程です。